スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
独り言
2006-09-18 Mon 23:43
人のことを悪く言いたくはない。
だから気分を害するという方はスルーしてください。






もうすぐEXILEの新メンバーが決まりますね。
正直そこまでファンということはありませんが彼らの歌は好きです。

だから新メンバーのオーディションにも関心がありました。
しかし1次審査、2次審査と進みそのたびに合格者が発表されてくると複雑な心境になってきました。
それは合格者の中に名前を知っている人がいたから…

田崎敬浩さん

もちろん知り合いというわけではなく私が一方的に知っているだけの人。
だけどなぜあなたがいるの?という気持ちになりました。
裏切られた気持ちになりました。

彼はミュージカルテニスの王子様(以下テニミュ)にて3代目青学、海堂薫役に決定していたにも関わらず体調不良で舞台を降板したにも関わらず数日後にはEXILEのオーディションを受けていた。

HPには以下のようなことが書かれていました。

『 「海堂 薫」役として配役されておりました田崎敬浩さんですが、体調不良のため、この度降板されることになりました。
 田崎さん欠席の中、キャスト、スタッフ共にご本人の回復を待ちながら稽古を続けて参りました。しかし復帰が難しく、また長期公演を乗り切るには体力的に支障が出るため、残念ですが田崎さんの降板を正式に決定させていただきました。
 田崎さんの出演を楽しみにされていたお客様には誠に申し訳ありません。
 なお、「海堂」新配役について主催者並びに関係各社で緊急ながら慎重に検討いたしました。その結果、本公演まで期間が短い中、公演の成功のためには前「海堂」役である鯨井康介さんが一番の適任であると考えました。3月に卒業した鯨井さんに再度ご出演いただくことは大変難しい決断です。しかし、この不測の事態を受け、この度鯨井さんにご出演いただけることが決まりました。
 現在キャスト・スタッフ一同、より良い公演を目指し一丸となって日々邁進しております。どうぞ引き続き応援いただけますようお願い申し上げます。』

彼の体調不良をウソと決め付けるわけではないが、裏切られたという気持ちになる。

テニミュよりEXILEをとったのだ。有名さでいけばEXILEのほうが断然有名であるが、だからといってテニミュを捨てていいことにはならない。

舞台は大勢の人によって作られているのである。テニミュのオーディションにも多くの役者が参加したはず。そのなかで役をもらったのに直前になって蹴っ飛ばすなんてオーディションに参加したほかの人に失礼だし他のキャストやスタッフにも失礼だと思う。
そしてそれ以前にテニミュを卒業していったキャストの皆さんにも失礼ではないか?
卒業していったキャストが作り上げてきたテニミュなのに…
その皆さんの思いを踏みにじられたようにも感じます。

私は元々初代テニミュキャストのファンであった。だから初代のキャストが卒業してからは2代目、3代目の方々を認められなかった。初代の海堂薫役の郷本直也さんが大好きであったから他の人を認められなかった。

そんな私がこんなことを書くのは場違いかもしれないが、好きな作品を裏切られたという気持ちが強くここに書き込みをしている。

嫌な人間といわれても仕方がないけど田崎敬浩さんのEXILEボーカルオーディションファイナリスト進出を喜べない。
私はあくまでテニミュのファンだから裏切られた気持ちがあるから…
最終的にメンバーになって欲しくはない。

長い長い独り言でした。


スポンサーサイト
別窓 | いろいろと | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<言葉にしないと伝わらない気持ち | ☆未来の白地図☆ | 自分バトン>>
この記事のコメント
あれさ、全部、体調不良ってことで片付けちゃってるよね。みんなして、体調不良とか怪我とか、どこまでホントなんだか…とは思う。
まぁ、この場合、田崎さんはEXILEを取ったんだろうけど、テニミュを下ろされたのかも。テニミュ下ろされて、EXILEに行ったって可能性もなくはないだろうなー。
てか、こんなよく分かんないコメントでごめん(汗)。
友達から、テニミュ事情は多少聞くもので、思わずコメントしてみた…(笑)。
2006-09-19 Tue 14:59 | URL | きね子 #Uv/iR8LM[ 内容変更] | top↑
コメント返信
きね子へ

コメントありがとう。
正直情報が多すぎて何が本当なのかは分からない。
でも体調不良が本当でも本番直前に降板して卒業したばかりのキャストを引き戻す結果になってしまってやりきれない気持ちになったんだ…

しかも今のようにテニミュが満員御礼になるようになるまで頑張ってきた初代、2代目のキャストや縁の下の力持ちとして頑張ってきたスタッフさんたちへの裏切りのように感じてしまってダメなんだ…
田崎さんが決まっていた海堂役は初代の中でもっとも大好きなキャストだったのでなおさらやるせないんだ。
心が狭くてごめんね。
2006-09-19 Tue 17:34 | URL | めぐみ #4ARdecsc[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ☆未来の白地図☆ |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。