スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『夜回り先生 水谷修先生』
2006-09-16 Sat 08:58
以前にも書いたことがありますが、『夜回り先生 水谷修』さんのことです。
昨日の深夜に水谷先生をゲストに迎えた番組が放送されていました。
それを今見ています。泣きながら…

この夏休み中に今まで読めなかった水谷先生が書いた本を読みました。
読みながら泣きました。何度読み返しても泣いてしまいます。

今までこのような考え方の人が身近にいなかったから新鮮な感じがします。
新鮮という言い方は語弊があるかもしれませんが、こういう考え方の人がいたんだ!

今までの過去はどんなでもかまわない。
今からだ!
子供たちの未来は作れる。

先生は子供の代弁者のように私は感じる。

教師を目指す私にとって良い手本となる先生である。
もちろん先生のようなことが出来るわけではないけれど、こういう考え方もあるんだ!ということをたくさん教えてくれました。

親や学校からきついことを言われストレスや悩んでいる子供たちは4つの方向に生き抜いていると先生は言う。

1つ 仲間をいじめる
2つ 昼の世界に居場所を見出せずに夜の世界へと足を踏み込む

以下の2つは優しいが故に起こることだそうです。
また、先生は1番やさしくていい子が行き着くのが4番といわれています。

3つ 逃げること。登校拒否や引きこもり
4つ 優しくていい子だから友達をいじめられない。親に心配をかけたくないから夜の世界へ逃げることも引きこもりになったりも出来ず無理を重ねて学校へ行くがはけ口がないからリストカットやOD(オーバードーズ)といわれる薬物の大量摂取を行う

子供が非行やリストカット、ODに走るのには訳がある。そのわけを取り払う前にその行動だけを止めるのはいいことなのか?
原因が親からの過剰期待なら親と話をしなくてはならないと言っていた。

子供のことをこんなにまで分かってくれて考えてくれる人が減ってきているように感じる。
だから先生の中の優しさに救いを求めるのであろう。

スポンサーサイト
別窓 | いろいろと | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
<<ハニカミデート | ☆未来の白地図☆ | タイヨウのうた>>
この記事のコメント
はじめまして。
こんばんは。私も昨日先生のテレビ見ました。
先生の本、言葉に何度も救われました。
私もボロボロに泣きながらみていました。
私はもう親の立場になっていい年なのですが、まだまだ考えさせられますね。きっと当たり前のことが今の人はできなくなっているのかもしれませんね。

ぜひ、すてきな先生になってくださいね。
2006-09-16 Sat 21:33 | URL | けいこ #WOq6nlhY[ 内容変更] | top↑
コメント返信
コメント返信です。
けいこさんはじめまして。コメントありがとうございます。
けいこさんのおっしゃるように当たり前のことが出来なくなっているというのは同感です。

日本は豊かな国ですが豊かになればなるほど人間関係がおろそかになってきているようにも感じてします。周囲の人に何気ない気配りができる大人になりたいと思います。
2006-09-16 Sat 23:30 | URL | めぐみ #4ARdecsc[ 内容変更] | top↑
ほんとに僕も、めぐみさんとけいこさんと
同じ気持ちになり、ボロボロなきました。
残念ながら、そのテレビは見ていませんが
水谷先生の本を一冊読んだことがあります。
読んだ感想は
『とても僕は真似できない』でした。苦笑
水谷先生にはなれないけど
それに近い安心できる存在でありたいなって
いま日々、僕がやれることをやっている状態です。笑
何気ない気配り大切にしたいですね。
長文失礼しました。
2006-09-20 Wed 19:51 | URL | まさやん #JalddpaA[ 内容変更] | top↑
コメント返信
まさやんさん。コメントありがとうございます。

水谷先生は本当にすばらしい人だと思います。
あれだけのことをしているのに先生は
『ぼくは何もしていない。子供たちの傍にいるだけだよ。』(06.9.15 R30より)
と言っていたんです。

先生はそう思っているのかもしれないけど、きっと子供たちは先生によって自分を認められたような気分になっているのではないかと考えています。
親や家族、友人からの優しさや愛に飢えているのではないでしょうか?
だから先生の優しさに救いを求めていくのではないでしょうか?

人に優しくする。思いやりの心を忘れない。そんな当たり前のことが出来なくなってきているからこそ心に闇を抱える子供たちが増えてきているのでは。

今の私に何が出来るのか?自分の事で精一杯なのに…
でも心のどこかに優しさや思いやりをいつも持っていたいと思うようにさせてくれる人ですよね。

長々とコメント返信申し訳ありませんでした。

2006-09-21 Thu 01:40 | URL | めぐみ #4ARdecsc[ 内容変更] | top↑
再放送見ました
数日前、NHKで夜回り先生の番組を再放送しているのを
見ました。

感動しました。
胸が苦しくなりました。

ただ一つ気にかかったのは、取り上げられていた問題は
きっと子供に限った事では無いんじゃないかって事。

大人も、同じ状況に陥る可能性はあると思うし、実際僕の周りでも心を病んでしまっている人がいる。

けど、水谷先生のように助ける事ができないでいる。
不甲斐なく思います。
2006-11-09 Thu 13:33 | URL | 洋平 #-[ 内容変更] | top↑
コメント返信
洋平さんへ

コメントありがとうございます。

洋平さんの考え方には私も賛成です。
このような問題は子供だけに限ったことではなく大人にも言えることだと思います。
最近は精神的に弱くなっている人が増えているのでしょうか?

夜回り先生のようなことをしようとしてもそれは難しいです…
でも相手の話を聞いたり支えたりすることはできると思います。
そんなに難しいことではなくてただ一緒にいて相手の話を聞いてあげれば良いのではないでしょうか?
ただ水谷先生が言っていたようにあまり相手の中に入りすぎて洋平さんが自分を見失わないようにしてください。

2006-11-09 Thu 17:47 | URL | めぐみ #4ARdecsc[ 内容変更] | top↑
ここ数年、僕の周りでも鬱になった友人が数名います。
その中の一人は半年前に亡くなりました。
今の世の中は、ただ生きることだけでも難しくなってしまっているのでしょうか。

昨日書いた友人との距離感は、ほんとに難しく感じています。

話に同調してもいけないようですし、
かといって放っておく訳にもいかないですしね。

どうにか、力になってあげられるよう考えてみます。

ありがとう。
2006-11-10 Fri 13:23 | URL | 洋平 #-[ 内容変更] | top↑
コメント返信
洋平さんへ

うつ病は現代病のようになりつつあるのでしょうか?
重度、軽度とさまざまでしょうが、私の周囲にもうつのような状態の人がいます。

私にも生きることがつらくなった時期がありましたが友人の支えによって立ち直りました。
しかしながら今でも情緒不安定になることもあります。

普通に生きたいだけでも社会がそうさせてくれない…
ストレス社会と言われる現代ですが、これは豊かになってきたことによる代償なのでしょうか?

私は人を傷つけるのは人間だけど人を救うのも人間だと思っています。

洋平さんは友達思いのようなので、その友人の気持ちに入りすぎて洋平さんが壊れてしまわないようにしてください。

またいつでもいらっしゃって下さいね(^○^)


2006-11-10 Fri 18:09 | URL | めぐみ #4ARdecsc[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ☆未来の白地図☆ |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。