スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
言葉にできない怒り
2006-09-12 Tue 23:27
きっと親にとって子供がこうなったのは親の責任だって言われることほどつらい言葉はないと思う。

母がある病院で問診表に子供のアレルギーについての質問があったらしく私のアレルギーや病気についても書いたらしい。まぁここまではありえることだけどその後診察で医師に『男か女か知らないけど子供がこんなアレルギーや病気になったのはあなたからの遺伝なんですよ』のようなことを言われたらしい…母は私に直接言ったわけではないが父と話しているのが聞こえてしまった。

かといって私のアレルギーや病気は誰のせいでもないと思ってる。人より少し敏感なだけでちょっと不便を感じることもあるが私自身が気を付ければ対処できることだから平気!!
でも医師になんでこんなことをいわれなくてはならないのか?

医師の大切な仕事として患者を不安がらせないことが重要なのではないか!なのに不安にさせるどころか私のことまで母のせいだなんてひどすぎる!!

確かに健康な子供と比べればできないことはある。でもできることもたくさんある!発作で苦しんだ時に看病をしながら『かわれるなら代わってあげたい』そんな風にいってくれて適切な治療をさせてくれる両親。こんなに私のために尽くしてくれる親になにをいうの!?という気持ちでいっぱいです。
だってアレルギーがあっても病気を持っていても生きていられるんだし、アレルギー反応や発作が起きていないときはすごく元気だもん!なんといっても小学校から今まで学校無欠席だもん!

だからこんな人の気持ちを理解できない人に医師なんてなってほしくない!!
子供のことが自分のせいと言われて傷つかない親はいないと思うから。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<心のよわさ2 | ☆未来の白地図☆ | 物件探し>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ☆未来の白地図☆ |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。